身近な人からお金を借りる場合

お金がどうしても必要なのにもかかわらず、手元にお金が無くて困った時はどうすればよいのでしょうか。世の中にはお金を貸してくれる金融機関がたくさんありますが、それらは当然ビジネスとして行われています。ビジネスとして行われている以上貸す側である金融機関もリスクは背負いたくないので、必然的に金利が高くなってしまいます。

 

一時的にお金が必要なだけであり、お金が手元に入り次第すぐに相手に返せる場合、金利のことを考えると知人からお金を借りるのがベストと言えるでしょう。知人と一口に言っても、同僚や上司など勤め先関係の人、恋人や友達、先輩など同性か異性かを問わずプライベートで親しくしている人、と様々ですが、出来るだけ後者から借りる方が無難でしょう。

 

同僚や上司がお金を貸した件について勤め先で口にすることによって、現在の仕事に支障が出るかもしれないからです。お願いする相手としては頼みを聞いてくれそうな人がいいですが、お金の貸し借りを嫌がって相手が離れて行ってしまうかもしれない可能性も考えた上で、頼む相手を慎重に選ぶべきです。頼む際には返済の予定をきちんと提示する、やりとりの内容を書面で残すなど、誠意のある姿勢を示すのが大事です。

トップへ戻る