個人事業主におすすめのキャッシングとは

個人事業主がお金を借りる場合、店舗などを持っている一般的な自営業者ではなくフリーランスという立場では、銀行系カードローンや消費者金融から融資を受けるのは現状では難しいと言われています。会社員のように安定した収入が約束されている立場ではないためで、法人化を選ぶことで信用度を上げることができますが実績が伴っていない場合貸す側はやはり慎重になると考えられます。

 

法人化するには社会保険の加入など煩雑な事務手続きもあり、立場によっては現実的ではありません。有効策としては起業や独立をする前にローンカードを作っておくことで、後は更新の際に前年度の収入がそれなりにあることを伝え、以前に携帯電話の料金などを延滞していなければ継続してカードを持つことができます。フリーランスなどの個人事業主が大手銀行からお金を借りるのは難しいため政府系金融機関や民間の金融機関から借りるという方法がありますが、金利は低いものの実際に融資が受けられるまでに3週間から1か月ほど掛かってしまいます。

 

急ぐ場合は最短で当日の借り入れができるノンバンク系ビジネスローンを利用する方法があり、WEB上から申し込んで審査結果もすぐにわかりますが、金利が10パーセントを超えるため長期的な資金繰りには向いていません。すぐに借りられる方が良いのか金利が低い方が良いのか、双方のメリットデメリットをしっかり見極めて借りる先を選ぶことが大切です。

トップへ戻る