外国籍の方におすすめのキャッシングとは

外国人や外国籍の方がお金を借りる方法はありますが、基本的な条件がいくつかあります。
その条件となるのが在留カードや特別永住者証明書を提出すること、安定した収入があること、日本語の読み書きができること、在留期間が十分に残っていることです。

 

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを利用するためには身分の証明が必要となりますので、在留カードや特別永住者証明書を提出は必ずしなければなりません。
運転免許証や健康保険証や上限10年のパスポートが代わりとなる場合もありますので事前に確かめておく必要があるでしょう。

 

日本人や外国人などは関係なく、お金を借りるためには安定した収入があるかが一番重要になります。
特に外国人だと日本に来てすぐだと数ヶ月しか働いていない場合がありますから長期的な安定として認められず審査が厳しい傾向にあります。

 

後々のトラブルを少なくするためにも日本語の読み書きができることを条件としているところが多く、日本での滞在期限が短くて数日しか居られない方に貸してくれる金融機関はほぼないです。

 

日本の永住権がない方でも条件さえクリアすれば利用することが可能となりますが、条件が厳しいので、複数年同じ会社で働いて安定した収入があって在留期間の残り期間がある方でないと利用し辛いでしょう。

トップへ戻る