お金借りる 申込み 流れ

申込みの流れ

申込みの流れについて

カードローンの申し込みの流れとして、スマートフォンやパソコン、無人契約機などから申し込みを行います。この際にいくら借りたいかや簡単な年収、本人確認書類などを金融機関に渡して審査が始まります。スマートフォンなどで手続きをする場合はスマートフォンのカメラ機能で免許証などを撮影して済ませることができる一方、郵送の場合には金融機関から送られてくる書類を受け取って、それから本人確認書類のコピーなどを入れて送り返すことで審査を始めるケースもありますが、最短即日で借りられるようにするにはスマートフォンなどで始めるのがおすすめです。

 

あとは審査結果が送られ、在籍確認などの手続きを済ませて契約に入ります。契約方法はネット上で済ませるケースと無人契約機などに出向いて済ませるケースなどがありますが、すぐにカードを手にしたい場合は無人契約機や店頭に出向くことですぐに手に入れられます。

 

注意点としては、銀行カードローンの場合は即日では融資が終わらないこと、カードレスの契約をした場合に営業時間外に利用しても翌営業日に振り込まれるなどの面倒くささがあります。申し込みの前に基本的なこと、用意すべきものは準備することをおすすめします。

 

申込みに必要な書類とは

キャッシングなどお金を借りる時には必要書類を準備することになります。これが無いとお金を借りることは出来ません。またローンの種類によって必要書類も異なるため、ここではローンごとの必要書類について述べてみたいと思います。

 

まず最大限度額が50万円から100万円ほどの一般的にキャッシングと言われている小口のローンについて述べますと、基本的に運転免許証や健康保険証と言った身分証明書が必要となります。稀に住基カードを身分証明書として受付可能な業者もありますが、実際はまだ認めていない業者の方がほとんどだと言えます。次におまとめローンなど最大限度額が100万円以上で連帯保証人が必要となる大口のローンですが、この場合は身分証明書の他に所得証明書や源泉徴収票、そして3か月分程度の給料明細を用意することになります。また大口のローンの場合、契約書に実印を押してもらうことになるため、契約の際に印鑑証明書が必要になります。これは連帯保証人の方も同じ書類を用意しなければなりません。また数年前からマイナンバー制度が導入されましたが、現在はマイナンバーでお金を借りるということは出来ません。

 

これらがお金を借りるために必要な書類となりますが、審査の段階で、自営業者は取引先との明細書が入る場合もありますし、一人暮らしの場合は、郵便物など自宅の住所が分かる物を提示しなければいけないこともあります。

トップへ戻る